まつ毛にルミガンを塗る際に頼りになるアプリケーターの使い方とは

きれいな目元

自分のまつ毛を長くするために、ルミガンなどのまつ毛育毛剤を使いたいと考えている方も多くいるかもしれません。実際にルミガンを使うときには、注意しなければならないポイントが存在しています。その注意点の1つとしてあげられるのが、正しい使い方をするという点です。間違った使い方をしていると、思うような効果が得られないこともあるので注意しましょう。

実際にルミガンを塗るとき、最初に顔をきれいな状態にしておくことを忘れてはいけません。まつ毛にメイクの成分が残った状態で塗ろうと思うと、薬の成分が浸透しにくくなります。洗顔を丁寧に行って、汚れを落としてから塗ることが大切です。

また実際に塗っていくとき、綿棒などを使っているという方も見られます。しかしきれいにムラなくルミガンを塗っていくためには、アプリケーターを使うのもポイントの1つです。専用のアプリケーターはまつ毛に塗りやすいように作られているので、初めての方でもムラなくきれいに塗りやすくなっています。実際に塗っていく前には、コンタクトやメガネを外しておくことも忘れないようにしましょう。急いで塗る必要はないので、鏡を見ながら丁寧に行うのもムラをなくするためには大切です。

塗るときには、アプリケーターにルミガンを1滴垂らします。1滴で十分な量なので、必要以上に液をつけないようにしましょう。量が多すぎるとまぶたなどに付着して、色素沈着などの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。そしてアプリケーターを使って、まつ毛の根本からサッと塗るだけで簡単に塗布できるというのもルミガンのメリットの1つです。1日1回つけるだけでいいので、無理なく続けられてまつ毛が伸ばせるという方法になっています。

ルミガンを塗っていくとき、上と下の両方のまつ毛に塗ろうと考えている方もいるかもしれません。ですが上下両方のまつ毛に塗ると、量が多くてまぶたや頬など別の部分に付着しやすくなります。上まつ毛にだけ塗れば、まばたきしたときに下の部分にも付着します。そのため上のまつ毛だけに塗ることも心がけましょう。

もったいないという理由から、アプリケーターは洗って何度も繰り返し使いたいと考える方もいます。しかし衛生面を考えて、使いまわしせずに使い捨てにすることが大切です。何度も同じアプリケーターを使うと、雑菌が繁殖して目のかゆみや充血などにつながってしまうこともあるので注意が必要です。